映画『クライマーズハイ』あらすじ、作品情報

あらすじ

1985年8月12日、北関東新聞社の遊軍記者で、社内の登山サークル「登ろう会」メンバーの悠木和雅は、販売部の安西耿一郎とともに、県内最大の難関である谷川岳衝立岩登攀へ向かう予定だった。
社会部記者の佐山から「ジャンボが消えた」との連絡
悠木は、粕谷編集局長から事故関連の紙面編集を担う日航全権デスク
同新聞社にとって、「大久保・連赤」以来となる大事件を抱えた悠木

 

登場人物

悠木和雅(遊軍・日航機事故担当全権デスク):堤真一
佐山達哉(社会部・県警キャップ):堺雅人
玉置千鶴子(地域報道班):尾野真千子
等々力庸平(社会部長):遠藤憲一
岸円治(政経部デスク):田口トモロヲ
田沢善吉(社会部デスク):堀部圭亮
山田厳(地方部デスク):金子和
吉井弁次郎(整理部):マギー
神沢周作(地域報道班):滝藤賢一
伊東康男(販売局長):皆川猿時
亀嶋正雄(整理部長):でんでん
守屋政志(政経部長):矢島健一
暮坂直樹(広告部長):樋渡真司
稲岡信也(投稿欄担当):山田明郷
森脇時彦(地域報道班):矢柴俊博
藤浪鼎(事故調査委員長):大鷹明良
黒田美波(元・社長秘書)野波麻帆
安西小百合(安西耿一郎の妻):西田尚美
粕谷隆明(編集局長):中村育二
追村穣(編集局次長):螢雪次朗
安西燐太郎(安西耿一郎の息子・成長後):小澤征悦
安西耿一郎(販売部):高嶋政宏
白河頼三(社長):山崎努

 

作品情報

タイトル:クライマーズ・ハイ
製作年度:2008年
上映時間:145分
製作国:日本
ジャンル:ドラマ、サスペンス
監督:原田眞人
原作:横山秀夫
脚本:加藤正人、成島出、原田眞人
音楽:村松崇継


映画『バックトゥーザフューチャー』作品情報

あらすじ

1955年から帰還する直前にマーティが残した手紙で、自分が銃撃される未来を知っていた
マーティはとっさにタイムマシンに乗ってモールの駐車場内を逃走
1955年にマーティの介入によってビフを倒したジョージは臆病な性格を改善し、小説家として大成していたのだった。
タイムマシンの燃料であるプルトニウムを調達するためにドクが騙したリビアの過激派の襲撃
1955年にタイムスリップしてしまう。
マーティ・マクフライは、科学者である親友のエメット・ブラウン博士(通称ドク)深夜のショッピングモール」の駐車場にて、デロリアンDMC-12を改造してドクが開発したタイムマシンの実験をする。
タイムマシンは燃料のプルトニウムを使い果たしてしまった為、タイムスリップすることが出来なくなっていた。
若きロレインはマーティに恋をしてしまった。
落雷当日に行われたプロムで、臆病者のジョージが不良のビフ・タネンを退けてロレインとキスをする手助けをしたマーティ
アインシュタインを乗せたデロリアンを1分後の未来にタイムトラベルさせる
時計台に落雷する時間ギリギリにデロリアンに乗り込み、ドクの命がけの助力で「1985年のドクが銃撃される直前の時間」への帰還に成功

 

受賞歴

アカデミー賞
第58回(1986年)
音響効果編集賞

 

作品情報

タイトル:バック・トゥ・ザ・フューチャー
原題:BACK TO THE FUTURE
製作年度:1985年
上映時間:116分
製作国:アメリカ
ジャンル:SF、コメディ
監督:ロバート・ゼメキス
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、キャスリーン・ケネディ、フランク・マーシャル
脚本:ロバート・ゼメキス
ボブ・ゲイル
音楽:アラン・シルヴェストリ

 

登場人物

マーティ・マクフライ(Marty McFly) マイケル・J・フォックス
エメット・ブラウン博士(ドク)(Dr. Emmett “Doc” L. Brown) クリストファー・ロイド
ビフ・タネン(Biff Tannen) トーマス・F・ウィルソン
ロレイン・ベインズ・マクフライ(Lorraine Baines McFly) リー・トンプソン
ジョージ・マクフライ(George McFly) クリスピン・グローヴァー
ジェニファー・パーカー(Jennifer Parker) クローディア・ウェルズ
ジェラルド・ストリックランド(Mr. Gerald Strickland) ジェームズ・トールカン
リンダ・マクフライ(Linda McFly) ウェンディ・ジョー・スパーバー
デイヴィッド・マクフライ(David McFly) マーク・マクルーア